水引の5本と10本とは?

有限会社 金久の土屋です。

お客様から頂きましたご質問をご紹介します。

—水引で5本とか10本とは何ですか?—

 

-当社スタッフより-

結ぶ水引の本数は奇数本数で用いることを基本としています

これは「偶数を陰数、奇数を陽数」とする古代中国の陰陽説からきているといわれています

又、5本に束ねたものを基本結びとしておりますが、これも古代中国の5行説が影響していると考えられています

3本結びは5本を簡素化したもの、7本結びは5本結びをより丁寧にしたものであり、婚礼関係に使用する10本結びは

偶数と考えるのではなく、奇数の5本を倍数にした二重陽結びであり、豪華さを表すと共に十分に満ち足りているという

意味合いを持ちます

 

5本は陰陽五行説に期限があるとする説の他、水引結びである基本の5本は手の指の5本を表しているという説もあります

左右から中央で交わる形はお互いの手(贈る側と贈られる側)が握り合う形を表しており

婚礼関係の10本は結婚する本人達、またご両家が違いに手を結び合って縁結びをする形を表しているとしています

2014年12月16日
サブコンテンツ

このページの先頭へ